長瀞苗畑での苗づくり

トップページへ戻る

中津川苗畑での苗づくり


2005年の秋、秩父の森ではイヌブナが7年ぶりの豊作となり、いま地面のあちら此方には、小さなイヌブナの双葉で覆われています。多くの新芽は、シカに食べられたり、大水に流されたり、日陰で充分に成長できなかったりと、厳しい環境に中におかれ、わずかに生き残ったものだけが次世代の森をつくっていきます。私たち百年の森づくりの会では、森のもたらした恵みの一部を人の手で守ることで、秩父の森による秩父の森づくりをすすめていきたいと考えています。


秩父の森の苗づくり

秩父市立第二中学での苗づくり

ただいま休耕中

NPO 百年の森づくりの会



2009/04/02 更新

武州中川苗畑での苗づくり


2010/06/18 更新


2008/10/20 更新

このページに関するお問合せ: wanagura@yahoo.co.jp
本サイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁止いたします。
Copyright (C) 2004 Hyaku-nen no Mori Dukuri no Kai. All Rights Reserved


2009/10/20 更新


写真をクリックすると、各畑のページへ進みます

トップページへ戻る